カカオ70%

★ 「自分が」どうするのか、どうしたいのかを整理します。

短所を回避できたから、改めて。

2つめの記事。

 

今年に入ってから、自分の短所について書いた。

UPしたものを読み返して改めて書きたいと思い削除した。

 

タイミングがやってきた。

前の記事と重複する箇所ありと前置きしておいて

書き進めよう。

 

そもそも

短所と言うものは自ら気づくというよりも

人から指摘されて

実感させられるものだと思う。

 

私自身、思いつく短所は1つや2つではないけれども

過去に人に指摘された短所は1つ。

自分では薄々感じていたが、数人に指摘されたので

もう認めて受け止めるしかない。

 

それは

「お人好し」(←あえて爽やかな色にしてみた)

 

辞書で調べてみると…。

「気のよい人。人を疑うことをせず、信じやすく騙されやすい人。」

と、なっているが私には当てはまらない。

慣れない人には気を良くできないし

人を時には疑うし、警戒心もある方だ。

 

ピンと来ないので。

サイトをウロウロしていたらこんな記事が。

全てではないが

読んでいて、ため息が出たのはこの2つ。

  • 自分の時間がなくなる

  • 人間関係に疲弊してしまう

 私のアルアルというものになるのかも。

 

実は、2日前に

ムクムクと「お人よしムシ」が出現した。

ところが、今回は行動を移しかけたところに

「ちょっと待って」と制する声が聞こえたのだ。

 

もしも

私が良い方法があると、提案したとしても

相手側が持ち合わせている規模が小さすぎる。

コチラ側から見れば、結構低いハードルだけれども

それさえも

高く感じてしまい「わざわざ」着手しようとするとは思えない。

テーブルの上に全ての料理が揃っていて

後は、食べるだけ。の状況にならないと無理だ。

本気で心底どうにかしたい。と思うのなら

当事者が、考えに考えて頭をフル回転するしかない。

 

そんな風に先が見えた時

 

私は沈黙して傍観者でいよう。と、思った。

 

同時に

自分に必要のないことは時間差で

ストップの声がかかることも知った。

声を聞き逃さないためには

直ぐ行動に移さずに時間を置くことだ。

感情よりも、考察する時間を。

 

忘れないように、記事にしておこう。

 

f:id:lenkooon:20150705122124j:plain

 

 

 

一眼レフカメラ