カカオ70%

★ 「自分が」どうするのか、どうしたいのかを整理します。

イライラする原因と影響を考える。

昨日は、朝からイライラすることがあった。

頭の角っこに「仕方がない」という気持ちもちらつくのだが

「なぜ?」という疑問と

「やっぱり。。」というため息が入り混じる。

こういう時の私は、話し方に感情や抑揚を忘れてしまう。

 

かといって

自分がイラついて、良い方向へ行くわけもなく。

夕方までに、自分の気持ちを落ち着かせて

やるべきことをやるしかない。

その後解決し

夜にはチョット面白いハプニングもあって

ホッとして寝床についた。

 

イライラすると、悪い影響があるよー。と書かれていた記事を読んで

自分の生活と照らし合わせると非現実的な項目と

これは✖だなあ、の項目を除いて残ったのは下の2つ。

 

血圧・心拍の上昇による、循環器への負担

 

若い頃からずっと低血圧だった私が数年前から

血圧が上昇するようになった。

女性特有のホルモンの影響や父親の遺伝もあるらしい。

かかりつけの医者から「高い時期には安定させておいた方がいい」の

指示を受け、一番緩い血圧の薬を服用している。

季節が暖かくなってからは安定しているのだが

寝不足が続いたりストレスが溜まる時は

ビュンと上がる時がある。

昼間、まだ気持ちが落ち着いていない時に

急に、血圧を測りたくなった。

 

1回目146、78 

 

深呼吸してからの数値

2回目124、64

3回目120、60

 

視野が狭くなり、判断力が鈍る

 

イライラの元が小さなことへ派生する。

嫌な気分のまま、とあるところへ電話をした。

電話の相手がとても感じが悪く

抑えていたイライラが目を覚ました。

いつもなら。こういう場合

私は、わざとユックリと話し淡々と伝え

相手に不備があることを気づかせるのだが

昨日は余裕がなく、早口で口先だけで話すものだから

最後まで不快な対応を受けたまま

電話を切ることなった。

 

あと、1つ気になったのはコレ。

イライラすると老化が早まる: 新科学と健康と雑学

 

ウーム。気をつけないと…。。

 

イライラの原因も、記事からまとめるとこんな感じでズラッと。

 

f:id:lenkooon:20150606110645j:plain

 

自分自身が、おそらくコントロールできている部分は

同じイライラを次の日までに持ち越さないこと

 

体調は重要なポイント。

「まぁまぁ元気よ」って人に言えるほどの体調が維持したい。

完全無欠な健康体は目指していない。

 

課題は、「逃げ道を作る」こと。

これが、なかなか難しくて上手く行っていない。

なんとか、見つけたいと思っている。

 

f:id:lenkooon:20150606113528j:plain

 

 

一眼レフカメラ