カカオ70%

★ 「自分が」どうするのか、どうしたいのかを整理します。

「らしくない」文章を書くと

昔から、何を書いても

書き方が変わらないから

人から度々「らしい」と言われる。

前にブログを書いていた時の読者さんの殆どが

絵文字の多用や写真を貼っていたり

日常的な出来事を書いている人だった。

私は相変わらず、こんな風に書いていて

自分のペースを守っていたのだが

ある日、何を思ったのか

読者さん達のブログのように

書いてみるかと記事をアップしたことがある。

 

ほんの「気まぐれ」の「つもり」だった。

 

そして、反応は...…。

 

大まかに分けてこんな感じ。

「どうしたの?」

「優しい感じ」

「意外だった」

 

会ったことのない人だ。

日頃からの文面を読んで

自分のイメージが定着されることは避けられない。

 

ネットに書くことはこういうことだ。

重々承知していたはず。

が、胸のザワツキが

軽い気持ちで書き方を変えたことの後悔になった。

後々冷静に

自己分析をしてみると

書き方を変えても

内容の感想を貰う程度だろうと想像していたのが

自分のキャラクターにまで話が及んだことが

想定外だったのかもしれない。

 

だからって、反応の反応をして

「本当の自分」ってモノに

時間を割くのも本意ではなく。

 

以降

「初志貫徹」

 

不自然さが自分の心をグサっと突くことがある。

 

と、いう気づき。

f:id:lenkooon:20150127115328j:plain

 

一眼レフカメラ