カカオ70%

★ 「自分が」どうするのか、どうしたいのかを整理します。

コメントというもの 意見やアドバイスはいらないブログ主

コメントする側として気づいたこと。

 

仕事ブログを書いていた時

読者登録をしてくれている人が中心として

時々コメントをくれていて

私も、宣伝目的なものでなければ

読者登録をさせてもらっていた。

 

ただ、ルールを最低レベルにしてしまうと

ほぼ受け入れることになってしまい

気分的に読みたくないブログも読者さんになってしまい

悩むこともあった。

 

コメントを時々入れてくれている人の中に

1人。苦手な人がいた。

 

その人が書くもがいつも。「どうしよう」だった。

 

エステに通い友達と遊びました。の後の

抱えている問題点に触れて「どうしよう」。

どうしよう➡アドバイスされる➡感謝する➡どうしよう

この繰り返しには、終着地点が1つも見えないし

書いているモノだけ読めば

重い問題を抱えている人には、私は思えなかった。

 

何人かは

その「どうしように」に暖かい励ましの言葉をかけ

真面目にアドバイスをする人もいた。

 

が、肝心の励まされている彼女といえば。。

まるで過去のコピペで言葉を返す。

 

毒吐く系や

感情を流しっぱなしのブログを書いていたって

個人の世界で好きでやっていることで

誰にも迷惑をかけることはない。

読みたい人は読めばいいし

相手の期待通りのコメントを入れてあげればいい。

 

だが私は

今でもそうだけど

励ましの言葉をかける相手のタイプは選んでいる。

「大変ね」「頑張ってね」「応援してるからね」

「大丈夫だよ」に言われたいだけのブログに

付き合うエネルギーや余裕は全くないし

読もうとは思わない。

一眼レフカメラ