カカオ70%

★ 「自分が」どうするのか、どうしたいのかを整理します。

人間関係

思い浮かぶ顔たちのために

今回のことで同時に浮かんだ顔、顔、顔。 前の場所では自由に選べたスケジュールを 私の都合に合わせてくれて お金を払ってくれて 心良く私との所へ来てくれている人たち。 新しい場所の話をした時に「光が見えました」「聞きたいことが聞ける場所があって良…

後悔と失敗が両方来る厳しさ

久しぶりに会った友人に 一気に更新した記事の内容を話すことができなかった。 これまでは、仕事で関わる人たちのエピソードを たくさん話してきたのに。 どうしてなのか。話すことを避ける理由は何なのか。 その答えは、直ぐに出た。 会った相手が 組織とい…

学んだこと。書きあげる。

反応があった時、ショックだった。 私が相手に対するこれまでの対応を考えれば「こんな言葉」を書けなかったはずだ。 それを一部分だけを切り取って感情的なメールを送ってきた。 とりあえず、話はまとまり解決はしたように見えるが心の中は晴れない。 しか…

混乱でグルグルと回る

想像していなかった反応に ビックリして、手足が冷たくなった。 説明しようとしたが、相手は聞き入れなかった。 相手から届いたメール内容。電話での声のトーン。言葉の使い方。 全てが、これまでとは別人だった。 新しい場所へ案内したことの 後悔。繰り返…

やり過ぎが生み出すもの

数か月接すると あー。この人は、こういう人なんだ。性格判断するようになる。プライベートの関係なら、短期で判断することはないけれどそれを含めての仕事でもあるから。 穏やかで、大人しい。ただ時おりプライドみたいなものを見せる。 私の見方がこうだっ…

チグハグな会話 甘い考え

前の場所に来ていた人の中に 身体の不自由な人がいた。 その人のことを受け入れることに不安がなかったわけではない。 気を使わなくてはいけない。という気持ちは常に持っていたが ボスの存在は「1人で対応するわけじゃない。何とかなる」と思わせた。 さら…

まさか。のゴールデンウィークの始まり。

去年の春に仕事が変わり その仕事を引き継ぐように今年の4月から、場所替えして一人でやっている。 前のボスが道筋を作ってくれたので 場所選びに苦労はなかった。 それでも 運営やシステムを考えなければならず 自分一人でやれるのか。不安を覚えつつのスタ…

書く対象を変更

ある人物について、物語風に書くつもりでいたが それよりも 今すぐに別のことを整理をしたい気持ちの方が強くなった。 実は、ある人物とはもう再会する予定がない人物だった。 記憶がクリアなうちに書きたい気持ちもあったが 日にちが経つと、どうでも良くな…

まずは、仕事の話から

私は、去年の春ごろから仕事を変えた。 仕事内容はこれまでの経験を生かせるものではあったが 人とドップリと関わって行かなければならない仕事をはたして自分にできるのだろうか。と不安を感じつつも その頃の私はどちらかと言えば不安よりも「変えたい」と…

初めて会った時から「キライ」

おそらく 誰でも1度ぐらいは 初対面で「この人苦手なタイプだなぁ」と感じたことはあると思う。 けれど 初対面で「キライ」と断言してしまうほど強い感情を持つとうことは、珍しいことではないだろうか。 人のことを嫌うにはその感情に至るまでの経緯や要因…

新たなタイプ登場

とにかく。 忙し過ぎる。余裕が無さ過ぎる。 去年の秋からずっと。 フーっと。息を吐いて 久しぶりに、ここの場所を開いて 改めて、書き続けていたあの頃を思い返す。 ここのブログを始めたきっかけは人間関係をテーマにして自己分析して、スッキリと整理し…

リハビリ中 「通用しない言葉」

自分の使っている言葉が、誰にでも伝わるわけではない。 リハビリ担当者を替えてもらうことになった。 brownie.hatenablog.com 前回の記事で書いた 担当の女性が「苦手なタイプ」というのは ヤンワリした言葉を残しただけで 本心は 「嫌いなタイプ」であった…

ちょうど良い闇が好き

「ちょっと不健康」という状態、実は、みんな好きなんです。「どこか少し具合が悪い」くらいが、ちょうどいい心地という感じ。人間とはおかしなもので、順風満帆で挫折のない幸せな人生には共感を覚えないし、逆に、不幸のどん底の人を目の当たりにすると、…

自分だけ合わない。ってこともある。

最近、こんな話を聞いた。 隣席で仕事をしている人が ほんの数カ月前に入ったばかりだが 気さくな人柄で 周りとあっという間に打ち解けている。 自分も相手を「いい人」と思っていると。 なるほど。。で、何が問題? 色々と細かい話を聞いた後に 私が 「簡単…

人間関係の「楽」は、自分にとって価値がある時間

5月は 人付き合いで痛い思いをしたが 自分の気持ちを確認することができたので 忘れないように書いておこう。 歴史が刻み込まれているから 一般的には珍しい共通点があるから 稀有な存在として 特別視していたことは 気がついた時には かなり錆びついた置き…

相談できる?

想像するに ブログを書いている人は 私自身そうなのだが リアルで関わっている他人に自分自身の悩みを 明かす人は少ないのではないだろうか。 実は、1週間ほど前にある人から「私には、相談できなかったってことね」と言われた。 ストレートな物言いに戸惑…

わざわざ面倒なことをするのなら

自分のことを話をする。 いつでも明瞭快活にハッキリと伝えることができたらこれほど楽なことはない。 例えば現在の私について このブログで書くとしたら 全体的には曇りが続いているが部分的にはところどころ晴れ間が見える。 こんな感じか。 このようなフ…

親しき中にも敬語あり

相手との関係が 真の心の友と呼び合う関係ではなく 長く付き合っているという理由だけで「友だちだから」「知り合いだから」と慣れ合うことは、思い込みや勘違いに繋がると思っている。 私は過去 そんな慣れ合いによって失敗している。 その人との出会いは仕…

最低限、相手に何も願わないこと。

本は読んでいないが ベストセラーになっている「置かれた場所で咲きなさい」の著者渡辺和子さんが前にテレビ出演をされていた時の番組を録画していたものを観た。 その時に印象的だったが言葉が許せない相手に対して「最低限、不幸を願わない」だった。 自分…

極小なことは、人任せにする

小さなことが気になる時はあるが それより小さいこと。 極小なことに関しては ああ。。。。そいう事があるな。と、いうレベルでしかない。 忘れたとしても自分にも人にも全く影響がない。 だがそういうものに敏感になる人はいる。 私にとって極小でしかない…

「礼節」だけは外さない人と「礼節」だけ外す人。

自分自身が、礼節をわきまえている人間かどうか?と聞かれて自信満々に「はい!」と答えられないけれども 「大切なことではないか」と思っている。 もしも相手が理不尽な無礼をしてきたならば冷静に相手を拒否したらいいんだと思うが そういうものが一切無い…

思いやりがある人とは

20代の頃は、人の見方がとても浅くて一般的に「優しい」と見られる人は「思いやりがある人」だ。と思っていた。後に 様々な場面・環境で 人と出会うことが増えて行くと 勘違いしているのではないか。という疑問から 「優しさ&思いやり」はセットではない…

短所を回避できたから、改めて。

2つめの記事。 今年に入ってから、自分の短所について書いた。 UPしたものを読み返して改めて書きたいと思い削除した。 タイミングがやってきた。 前の記事と重複する箇所ありと前置きしておいて 書き進めよう。 そもそも 短所と言うものは自ら気づくという…

しなくなることで、なくなること。

1ヶ月近く更新していないと 随分書いていなかったような気分になる。 今日は、短めの記事を2つ更新しよう。 まずは1つめ。 さて。 毎週録画をしているドラマはコレ。 『TBSテレビ60周年特別企画 日曜劇場 天皇の料理番』|TBSテレビ ドラマの中で 秋山徳蔵…

見える風景は変わっていくもの。

過去の記事で「友達」について書いた。 この記事とか 価値観とともに変わっていく人付き合い - カカオ70% この記事とかで。 若い時代の交友関係を振り返る。 - カカオ70% ある友人を思い浮かべながら 書いていた。 社会人になって間もない頃に 語学ス…

2段重ねの例え話をしなくてはいけない人

フランクに感情や考えていることをイメージで伝える事は良くあること。 特別な意識もせず こんな感じかな。と表現するのは 会話の中身が ストレートな言葉を使う必要はない内容なんだろう。 そういう 暗黙の了解ができていて 言葉の交換できる人との会話は疲…

「周りがそうだから」の思い込み

妹とは 昔から仲が悪いわけではないが 年齢も近い上に性格が全く違うので 小さなケンカは、時々あった。 離れて暮らしていても たまに会えば お互いの言葉じりにイラっとして しばらくメールのやり取りもしない時期もあった。 それでも 徐々に2人の年齢が上…

ネットと「共感」について

ここで女性同士限定で書いたが そもそも「共感」とは何だろう。 共感 - Wikipedia では、色々説があるようだが 個人的には、相手とモノの捉え方とか見方、感じ方が似ている。 とか 「わかるなぁ。その気持ち」 と、思う自分が存在する。 とか。 Twitterであ…

人間関係を年中無休にしない。

人間関係というものは 上手く行っていれば、楽しく幸せな気持ちになるが 上手く行かなった時には これほど、ストレスを与えられるものはない。 そもそも人間関係に「絶対」なんてものは無い。 だったら、そんなもんだ。と割り切ればいいのだが 相手との関係…

女性同士の共感について思う

様々な物事から 自分の感情が生まれて語るとき 女性同士の人間関係では 「共感」がポイントになってくる。 表向きは 「人はそれぞれ。」と口に出したとしても 女性は、何だかんだとメンタルを 重要視する性質が根底に持っている。 共感できれば喜びも芽生え…

一眼レフカメラ